ブログ

まずは収益よりアクセスを集めよう!

スポンサーリンク

アクセスを増やすためにすること

 

アクセスを増やすにはまず自分の運営するブログが現在どのような状態なのかを知らなければいけません。

 

そのために、私が2つのお勧めのツールを紹介します。

 

Google Analytics

 

Google Analyticsは、アクセス解析のためのツールです

 

単純に毎日のアクセスを計測するだけでなく、読まれている記事は何か、

 

どのような属性の読者(男性女性、エリア、年代)が読みに来ているのか、スマホからの訪問者はどれだけいるのかといった、

 

かなり細かいテータまで知ることが出来ます。ぜひ最初の段階から設定しておいてください。

 

ここでは、「Google Analyticsって何?」というところから、登録方法、最低限チェックすべき項目まで見ていきます。

 

  • Google Analyticsは、アクセス解析ツールの定番
  • 最初から計測しておくことで、ブログの伸び率が分かる
  • リアルタイム、ユーザー、集客、行動の4項目をチェックしよう

 

Google Analyticsって何?

 

Google Analyticsは、Googleが提供しているアクセス解析ツールで、現在ではウェブサイト運営には必須のツールとなっています。

 

ユーザー数(訪問者数)、ページビュー数(何回見られたか)などの基本事項はもちろん、他にも人気のある生地、リアルタイムで読まれている記事や読者の促成、地域も知ることができます。

 

特にリアルタイムは、アクセスが増えてくると見ているのが楽しくなります。

 

見ている記事や、その人がどこの地域から見ているなどかリアルタイムで分かるので、「本当にに見てくれてるんだ!」と実感してモチベーションが上がったりもします。

 

他にも、急にアクセスが増えたときに、その理由を調べることが出来たり、登録しておくと何かいいことがあります。

 

 

特に最初の段階から登録しておくと、見ていない間も自動的にデータが記録されていくので、後から見返すと成長が分かってお勧めですし、分析して改善することもできます。

 

例えば、「読まれている記事をもとに新しい記事ネタを考えたり」「直帰率が高い記事をリライトしたり」「人気のある記事に収益につながる記事へのリンクを貼ったり」、ブログを改善するヒントがたくさんみつかります

 

Google Analyticsの登録方法

 

では、実際にGoogle Analyticsに登録してみましょう。次の手順に沿ってやってみましょう。

 

 手順1 

Google Analyticsの公式サイト(https://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/)の右上の「アカウントを作成」ボタンをクリックする。

 

Googleアナリティクスそしてログイン画面に進みます

ログイン画面

もしGoogleアカウントをもっていない場合はその他の設定からGoogleアカウントをつくってください。

 

 

 手順2 

Google Analyticsの設定を行う。 「無料で設定」という青いボタンを押してください

なにも変えなくていいので「次へ」を押してください。
ブログのアクセル解析を行うので、一番上の「ウェブ」にしてください
そして、自分の運営しているサイト名とドメインを打って日本時間に合わせて「作成」をしてください。
問題なければ同意してください。

  手順3 

Google Analyticsと自分のウェブサイトを提携する

一般設定の「Google Analytics ID」という場所に自分のトラッキングIDを打ち込んでください。
これで設定が完了です。これでGoogle Analyticsを開くとアクセス数などの細かい事が見えるようになります。

 

 

Google Analyticsを使う上で知っていなければならない用語

  • セッション数
  • ユーザー数
  • 直帰率

[/st-point]

  • セッション数

セッション数は一人のユーザーが朝、昼、晩と3回見たらセッション数は3になる。

  • ユーザー数

ユーザー数は何人の人が来たかという事を示す。

  • 直帰率

直帰率はサイト内で1ページしか見ずにそのままサイトから出るユーザーの割合を表したものです。つまり低ければ低いほど良いという事。

 

Google Search Consoleに登録する

Google Analyticsと合わせて、最初に登録しておくツールがGoogle Search Consoleです。

 

こちらはキーワードによる検索表示回数や検索順位表示といったGoogle Analyticsに近い側面も持ってはいますが、異なった目的で使うものです。

 

どのような役割を持っているのかを知り使い方もしっておきましょう。

 

  • Google Search Consoleは、Googleにブログやサイトの存在を知ってもらうためのもの
  • 記事は「クロール」された後に「インデックス」される
  • 「検索アナリティクス」にアクセスアップのためのヒントがたくさん詰まっている

 

Google Search Consoleって何?

 

Google Search consoleは、簡単に言うと「Googleにあなたのブログの存在を知ってもらうためのツール」です。

 

ちょっと想像してみてください。

 

あなたの書いた記事は、最初はぺらぺら紙の状態です。ペラペラの紙は床に落ちてしまい、そのままだと誰も紙の存在に気が付きません。

 

そこで紙をまとめ、製本した後に、本棚に入れて他の人が手に取りやすい状態にする必要があります。

 

つまり、「製本して本棚に入れる」という作業をしてくれるのが、Google Search Consoleなのです。

 

あくまで例えですが、こんなイメージを持っておくと分かりやすいかもしれません。

 

Google Search Consoleに「こんな記事書いたよ!」と知らせることで、Googleに認識され、検索に反映されやすくなる(=インデックス)のです。

 

せっかく書いても、気が付かなければ、読まれるのがずっと後になってしまうなんて、もったいないですよね。

 

Google Search Consoleに登録しよう

 

 手順1 

Google Search Consoleの公式サイト(https://www.google.com/webmasters)にアクセスし、Googleアカウントでログインする。

 

「Search Console」の緑のボタンを押してください

自分のサイトのURLを打ってください。

 

 手順2 

メタタグを自分のサイトに貼り付ける

 

 

まずはメタタグをコピーしてください。

コピーしたメタタグをhtmlの<head>タグに貼り付けてください。

 

wordpressをお使いの場合はこのコードをfunctions.phpに打ち込んでください。

<!-- headに表示させたいコードをここに!(この行は消してね)-->
URLを張り付けてください
EOM;
echo $headcustomtag;
}
add_action( 'wp_head', 'meta_headcustomtags', 99);

 

これをすることでさっきの画像に戻り進めると「所有権を確認しました」となります。

 手順3 

自分のサイトとGoogle Search Consoleを提携する

 

先ほどコピーしたメタタグをwordpressの「一般設定」の中にあるGoogle Search Consoleに打ち込んでください

 

これでGoogle Search Consoleの提携も完了です。

-ブログ
-, ,

© 2020 U-Blog Powered by AFFINGER5