ブログ

1記事の文字数は何文字くらいがベスト?

スポンサーリンク

 

 

「こんにちは、U39です@U39_yusaku

 

 

 

ひとつの文字数はどのくらいにしたらいいのでしょうか。

 

これから記事を書いていく上で、文字数はある種の目安になる部分でもあります。

 

最低でも600字以上書けという人もいれば、1000文字以上2000~3000文字以上という人もいます。

 

いったい何文字が正解なのでしょうか?

 

  • 文字数は「結果」であって「指標」ではない
  • 自分が価値を生み出せる文章量はどれくらいなのかを考える
  • 文字数は多ければいいというわけではない

 

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ダウンロード-19.png

文字数を指標にしない

 

結論から言って、「文字数は指標にするものではない」と私は考えています。

 

「何文字くらいがベスト?」

 

という質問を根底から覆す答えとなりますが、私が今まで記事を書いてきて、「文字数は指標じゃなくて結果だ」という事に気づきました。

 

どういうことかというと

 

「何文字以上ならOK」ということではなく、書いた後に「これくらいの文字数になった」という結果をみるべきだということです。

 

もし、「1000文字以上ならOK」といってしまうと、1000文字を超えることを目標にして書いてしまう人が出てきます。

 

そうではなく、ホントに読者のためになる記事を書いたなら、それが何文字でもいいのです。

 

文字数を指標にして記事を書くと、中身に対する意識が薄れてしまって危険です。

 

考え方を変えてみましょう。

 

あなたが価値を生み出せる文章量は、どれくらいでしょうか?

 

例えば、人気モデルなら、私服の写真をブランド名とともに掲載するだけで、ファンにとっては参考になるし、価値のあるものとなるはずです。

 

そこに書いてある文字数は100文字程度です。でも読者はそれで満足なんです。

 

要は、どんな形でもいいから価値を生み出せる、

 

つまり読者のためになることを考えればいいということです。

 

とはいえ、私は人気モデルでも何でもないので、価値を伝えるためには解説の方が大切です。

 

私なら、いいたいことをわかりやすく読者に伝えるのに、だいたい2000~3000字は必要とします。

 

人によっては1000字程度でコラム的な事を書く方があっていて読者も喜ぶということもあるので、一概にはいえません。

 

私自身は、内容によっては2000字以下で終わることもありますが、

 

1000字程度だと自分で「中身が薄ぺっらいな」と感じます。

 

こういったことから、文字数を指標にして考えることは、あまりオススメしません

 

価値があると思える記事を書き、その「結果」として文字数を確認して

 

 

「だいたいこれくらいの文字数が自分の中で良い感じかも」と基準を持つようにしましょう。

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ダウンロード-20.png

文字数は多ければ多いほどいいのか?

 

「コンテンツSEO」という言葉が流行り出してから

 

「文字数は多ければ多いほどいい」という認識をする人がふえました。

 

私も一時期「そうなのかな?」と思って色々調べたり考えたりしていたのですが、

 

それは違うなとい結論に至りました。

 

例え文字数が少なくても、ユーザーにとって必要な情報が書かれているなら、

 

それは十分価値があるものです。

 

アフィリエイトを目的とした記事でも、だらだらと長く書くよりも

 

必要な情報をシンプルに載せたほうが検索上位に上がり、

 

申し込みが発生しやすくなることもあります。

 

文字数を増やすために、

 

あまり関係のないことやウソか真実かわからない情報を無理やり盛り込んで長くしたものは、

 

価値があるものとはいえませんが、

 

ここでも文字数を指標にしてしまうと、おかしなことになってしまうのです。

 

文字数は目安にしてもいいと思いますが、

 

絶対的な基準とすると少し危険です。捉われすぎず、

 

読者にとって価値のある記事をつくることを強く意識しましょう。

 

-ブログ
-

© 2020 U-Blog Powered by AFFINGER5